ロンドン生活&音楽日記 vol.3

  • 2008.09.29 Monday
  • 23:20
* この日記は2006年6月から2007年9月に帰国までの15ヶ月間、Mihoが、Londonを拠点に音楽活動していたときに書いたものです。vol.1からお読み下さいね!


【そしてアイルランドへ】

2006年6月10日【土】

朝の6時半にダブリンのバスセンターに到着!13時間のたびであった。
出迎えには私がアイルランドの父??と思っているTONYがこんなに朝早いのに迎えに来て待っていてくれた。
なんだかLONDONで大変だったから、TONYの顔みてじーーんときてしまった。

その日はゆっくりゆっくりお茶したり、TONYと友人のシボーンと過ごした。宿は私のイーリアンパイプ【アイルランドのバグパイプ】の師匠のお宅。ほっとして初めての熟睡。。

6月11日【日】

LONDONではお金もたったの1週間の滞在なのに準備でいろいろ使ってしまった。。とにかく何でも高い!サンドイッチで350から600円。(コンビニのようなもので)カンコーラごときで180円くらいするんだから。
あまりの値段の高さとダニでのショック?で、一日一食が続いていたから、なんかちょっとやせたかも?

ダブリンに来たからには少しお金も稼がないと、、。
ストリートミュージシャンとして音出したい。日本でギリギリまでライブやってたけどこっちに来てから音一つもだしてない。
なんか、ひとりでストリートで演奏するって勇気が居る、。。
今まではかっちゃんがいたからどんな状況の場所でも堂々と演奏できたけど、、結構ひとりって心細いのね。。
道に投げ銭入れようの帽子を出したけど、出したそばからみんなここで私が演奏するって知らないから帽子も蹴飛ばされそうになったり、人もぶつかりそうになったり、。早く音だそう。ドキドキ、、。

演奏が始まり、だんだん気持ちが開いていく。だんだん人の顔みれるように顔も上がっていって、、。

それでも、通りがかりの若い男の子達が冷かしに来たり、酔っ払った人が気分よくなってくれるのはいいけど、私の隣で笛吹いてるまねとかしてちゃかしてるし、、。でもだんだん、なんか周りのことなんでもよくなっちゃった。ひとり来もしよく吹いていると、ふと気がつくと、一人の男の人がじいーーっと私の演奏聴いていてくれていた。そして駆け寄ってくると、、。
『君のお金の足しにしてくれ、ありがとう!』といってかっこよく私の手に平に折りたたんだ紙切れを握って入れて去っていった。
すぐに手の中をのぞくと、、なんと 

50ユーロ!!札ではないかっ!】 7000円弱。


もうビックリして何もことばが出なくただ手を合わせてお辞儀をしてしまった。

このことがきっかけで、なんだかひとりでも自信が出てきた。というか、どんなところでも遠くても何でも、聴いてくれている人は聴いている。なんか彼のおかげで、この先やっていくためのなんか勇気みたいなものをもらった。そしてがんばれーって応援してもらっているような気がした。


ダブリンではこれをきっかけに毎日毎日滞在中、TONYやストリートで知り合ったドラマーたちと一緒にセッションしていた。音楽やっているといろんな人にであっていくからおもしろい。
結局ダブリンにで、滞在費がまかなえたのとユーロのお金がちょっとだけ増えて帰ってきた。良かった

トニートシヴォーン
ダブリンのMihoの父トニーと友人シヴォーン(ダブリンにある彼らのクリスタル&ヒーリングショップにて)

 6月17日【土】
今日もストリートで演奏したり友人と待ち合わせしたり、、。今日の夜にアイルランドを離れまたLONDONへ。
帰りのバスではTONYをはじめ、こちらに来てから知り合ったシボーン、パキスタン人のタブラやる青年オマー、MIHOKOの4人が見送りに来てくれた。みんな本当にやさしい。いつも日本でもどこでも見送りされるときはジーンとしてしまう。
そしていつも嬉しいのが行きよりも帰りのほうが知り合いが増えて温かく見送ってくれる。そのときにはもう旅の不安とかなくなってる。

6月18日【日】

今日からまたもとのフラットに戻る。本当に大家さんも努力してくれて、壁の穴までふさいでくれたしベッドも新品に換えてくれた。もう大丈夫!

6月19日【月】
なんと、、まだダニが!
2箇所だけだけど、たさされてしっまった。今日から一缶3000円もするダニキラー見たいスプレーを大家さんが買ってきてくれて、部屋中に撒き始める。モチロンもって来た荷物は一晩だけで、全て撤収、隣のこの部屋にすべて1日だけ引越し。またもや民族大移動が起こる。

6月20日【火】
スプレー撒いてもダメ、、また刺される。

ヨシ、今日から部屋探し!ずっと迷っていたけど。早速夕方から探し始める!
そして夜はもう、荷物も再度戻したのに、もうこのままでスプレー開始!もう自然療法だとかいってられない!最初のうちは、重曹やミントオイルで退治してたけど限りがある、、、って言うかもうひどすぎ!

とにかくだにを絶滅させなきゃ!そして発見!なんと、前からあった机のふたを開けたらそこにはたくさんのダニの卵とダニさんたちの死骸が!! 即、机は捨て!そしてさらにスプレーを撒き続ける!


6月21日【水】

新しいフラットもなかなか決まらない。
ところが、、、今日からダニさん絶滅??でてこない

6月22日【木】

 どうやら昨日を境にダニさんでなくなった様子。


そして、、それ以来、本当にダニさん、居なくなりました。。
長い道のり、、。結局また放浪生活??と思っていましたがまたここの家に住めそうです。よかったよかった!
部屋に関してはこの事件があって以来全てがばら色に見えてます。うるさい高速道路の脇の道ですが、。そんなこともへっちゃら。究極をダニさん、教えてくれたような気がします。



また日記は次回に続く!

*現在のMIHOのコメント
日本を出発してこのたった3週間の間は一番気持ち的にながーーい期間だった。たった3週間の間なのに何度もすべての荷物を広げては荷造りし移動し,隣の部屋の友人の所にお世話になったり、また戻り,,,なんだか1年くらい滞在しているような感覚になった。そしてこれがその後なにか今回の旅の決意!みたいのをするきっかけとなるから実は後日、面白い展開になった。
日本を離れるぎりぎりまでライブツアー続きでかなり充実していたので、たった2週間弱,音楽のない生活になになっただけなのに、なにか(ダニ事件をきっかけに)寂しい感じがしていたのを覚えている。

もっとKURIの活動を知りたい方はこちらへ! http://www.studiokuri.com

ロンドン生活&音楽日記 vol.2

  • 2008.09.29 Monday
  • 23:17
* この日記は2006年6月から2007年9月に帰国までの15ヶ月間、Mihoが、Londonを拠点に音楽活動していたときに書いたものです。vol.1からお読み下さいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーー*


LONDONより!日本を経って1ヶ月、、凄い珍道中が待っていたのであった、、。

2006年07月03日21:45
皆さん元気でやってますか?
私のほうはやっと最近落ち着きました、、と同時に今日から9月までの間にいろんなフェスティバルめぐり、や演奏などもするので結局9月まではほとんど今のフラット【家】には戻ってこないのだけど、、。
日本をたってからの1ヶ月〔5月30日夜にLONDONに到着してからというもの、、)長くもあっという間の1ヶ月。


5月30日【火】
 ヒースロー空港に着 旧友のJeremyが会社のぴかぴかの高級車で派手に迎えに来てくれる。良かったーこの荷物持って家まではきついもの。

これから一緒にしばらくの間(一週間くらい)だけ住む日本人のSさんもいい人!よかった(彼女の日本帰国の変わりに私がその部屋に住むことになっている)

5月31日【水】

  朝起きたらなんだかベッドの上にゴマ粒のようなものが数個転がっていた。。。。げっ!ダニだ!しかも枕のうらにも、、しかも体中にはキレイな赤い血が。だれの??

ハイ、この日以来、一週間の間になんと70箇所もさされ、

いろんなことも試したんだけど、日本のダニアース見たいのとか、、も。全然効かなくてなくて、しかもなぜか私だけがダニさんは好きなようでしかも肌が弱いので全部凄い赤くはれちゃって結構大変だった。モチロン仕方なくお医者さんに行ったよ。保険かけといてよかったー。
LeytonのMIHOの部屋
これが問題の私の部屋。あいにくテレビだけをこんな風に移してる写真しかないけど。。。

この後ここにはもうきついし住めないなー、と思って家もいいしここの住人達も凄くいいのに、。とにかく家を飛び出そうと思って、で、その間に大家さんがどっかの会社に頼んでダニ退治してもらうように頼むということになリ話は成立!早速デポジットのお金2週間分の家賃も1週間目に再度返金、とりあえず部屋の契約は一度とりやめ、となり荷物を全てまとめ家をでる。それにしても一緒に住んでいるフラットメイトたちに本当にお世話になった。みんな本当にやさしい。


でも私は一体どこへ??
そうだ!こうなったらイギリス脱出!アイルランドの友人達のところに行こう! 


電話を早速し始める。すごい。みんなWELCOMEムード。こんなに急に電話してるのに。
早速泊まるところも決まり、バスのチケット(バスとフェリーで13時間、でも往復10000円弱!)取りに行く。


ところが、こういう時って決まらない。今日の便は満席。
明日の便も満席。えっ!!!では
あさってはあるらしい。でもあさってか。。って考えながらもう一度チケット売り場の最後の列に並びどうしようか考えながら、、、、再度自分の番が回ってきた。

Miho 『あさってのダブリン行きのチケット1枚ください』

 売り場のお姉さん『え?たった今完売したよ!』


『。。。。。。。。』

じゃあLONDOに居るしかないの? 4日も??

                      London bus
ロンドン名物ダブルデッカー(2階建バス)

よし、これなら今度は少ない人脈をぎゅうぎゅうに絞って色んな友人にTELでもこういうときに限ってみんな、HOLIDAYにでるとか、孫が来るとか、、、結構イギリス人ってクールというか,冷たい、。理性的というか??こんな緊急事態と思っても(私だけおもってるだけだけど)、口だけのアドバイスだもんねー。最後の最後に電話したところが、もう13年も前からのロンドンで出会っている日本人の友人だけど、それ以降たった1回しか再会してないし、、、果たしてまだLONDONにいるんんだろーか??疑問を持ちながら電話、。
居たっ!!

まだLONDONに彼女は住んでいたのであったー!

事情を話すと一つ返事で、おいで!といってくれてる。早速夜、全ての荷物を抱え(夜逃げ状態?)Yちゃんの家に駆け込むのであった。。


おにぎりとスープが私を待っていた。ありがとう、、。


結局そこに2日泊めてもらいその後1泊ホステルに宿を取り、そして念願のアイルランドに’’予想外’’に訪れることになった。

でもアイルランド行きのチケットがなかなか取れないおかげで
最後のLONDONでの夜はミュージシャンの友人のEDDYのライブに訪ねていけることになった。彼のところには今回のことは電話していなかった。今回のライブが迫っていたから迷惑をかけたくなかった。


ここでまたいい出会いが!

その日のライブはかなりな腕のミュージシャンたち。ビョークやアイルランドの有名なミュージシャンと仕事をしたりしているミュージシャンのグループにEDDYは入っている。
リハーサルからずっと聞かせてもらったけど、、やっぱり音楽はいいな!  なんか今の肌のかゆみが取れていく感じがするかも??
私も色んなミュージシャンとセッションやれたら、、。

いろいろ紹介してもらって、少し良かったかも。今度セッションしたいね!と一応いってはくれた。本当に実現しますように。

*現在のMihoのコメント
 本当にやっとこれからイギリス生活がはじまる!と思ったったLONDON生活1日目からとんだハプニングが、、。これでかなり我慢強くなったかも。。。
虫さされや湿疹等に弱く、70カ所以上さされた肌は自分でも気持ち悪いほど膨れ上がってこの先どうなるのだろうって思ってしまったほど。
「’’予想外’’のアイルランド行き」って文中には書いてあるけれど、実はダブリン行きは本当はイギリスで今回生活し始める前に訪れた方が良いのではないか、、と思っていた。それは、Mihoが(KURI)はじめてストリートに立って新しい音楽を演奏する事になる出発地点がダブリンからだったから。KATSUと本格的に音楽活動して行ったのもダブリンから。。そう、KURIにとってダブリンは産みの&育ての親みたいな所なのだ。でもまさかダニに追われて逃げて帰る場所となるとは思ってなかったけどね!
それにしてもありがたかった日本の旧友。忙しいのに用意してくれていた、おにぎりとスープには’’ほろり’’ときた。しかも13年間の間1度しか再開していないのに。全く昔と変わらなく接してくれた。ありがとーー!

もっとKURIの活動を知りたい方はこちらへ! http://www.studiokuri.com

ロンドン生活&音楽日記 vol.1

  • 2008.09.29 Monday
  • 23:13
2006年6月から2007年9月に帰国するまでの15ヶ月間のイギリス、

ロンドンを拠点に音楽活動していKURI(Miho)の滞在日記

HPに初登場!


当時のドタバタなロンドン音楽活動奮闘記、’’誤字脱字’’だけ訂正してそのまま載せてあります。今読み返すと笑ってしまうような小さな事、大きな事、恥ずかしい思い、ジーーンと来た事、、、そのまま載せます。。ちょっと軽いのりですが、、そうでもしないとやって行けなかったのでしょう、、。(?)
では、はじまりはじまり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー*

Londonより初メール!

2006年06月03日21:35

みなさんこんにちは。日本ではいろいろな友人達に支えられて本当に出発ギリギリまで嬉しかった。ありがとう。出発前に’’行ってらっしゃい会’’いろいろ開いてくれたり、いろいろ電話もらったり、本当にうれしかった。ありがとう。

本当に嵐のような忙しさのなか、ががーと勢いよく旅立てました、、っていうか、、やっぱり出発ギリギリまであんまり寝ないで荷造りに追われてた。いい加減にこういう性格直したい。。
でもね、今回またまた、すごいラッキー続きがこちらLondonでもずっとつづいているよ。一部を除けば、、、??



日本を経ってまだ今日で5日目のLondonでの昼です。
なんとメールがゆっくりでいるのは隣の部屋に住んでいる日本人の女の子がコンピューター持っていてしかも本当にステキな子!
気兼ねなくすでにいろいろとサポートしてくれる人。
会った最初の日からここのフラットの住人達、大家さんたちにとても助けられているよ。。大家さんはパキスタン人の大家族。すごいいい家族。どの国でも本当に家族の営みがあってしっかり生きている。。私はそこのお母さんからいろんなイスラムの伝統料理やパキスタンカレーなどなど教わり始めたり、毎回色んな種類のパキスタンの料理をおすそ分けしてもらっているよ。
今回日本をでるちょっと前に九州で行われた’’国際平和映画際’’に音楽で参加したけど、そこですごく印象に残っていた映画が、やっぱりパレスチナでイスラム教の家族の日々の営みを描いているいる映画で、家族で本当に支えあってたくましく生きている映画だったけどその印象があまりによく、その映画(ドキュメンタリー)の後、中東のほうの料理なんか調べちゃったり、、My’’イスラム’’ブームだったので今回のこのフラットでのイスラムの家族との出会いは嬉しい。。12,3、年前にも一年間イスラムの子と住んでいたきが私はあったけど、そのときはそういうこと大して興味なかったから今の方が自分の中のアンテナが張っていて面白く感じるのかも、、。

今日は夕方からここのお母さんと一緒にパキスタンのカレーや料理を作る為にアジアンショップにスパイスなどなど買いにに行って来る。
その前にオーガニックの野菜や食材の市が今日は立ってるのでそっちさきだな。もういかなくっちゃ、、。。

Londonの、あるマーケットにて手作りケーキを販売する女の子
あるオーガニックマーケットにて手作りケーキを販売する女の子

Londonの、あるマーケットでの手作りケーキ店
かなりおいしそうなケーキ達!


【夏のフェスティバルのサポートメンバー決まる!】

夏に一つフェスティバルにでるんだけど、実はもうひとりミュージシャン枠を私はとっていて、(2名分の枠を念のため取っておいた)こっちに着いたらきっとパートナーが見つかる、、と思ってたんだけど、なんと、もう見つかった!!
しかも私といろんな想いが似ているステキな女性ボーカリスト。ぴったりのそしてキャンピングもひとりで車見つけたり、ヒッチハイクやだなーーとおもったら一台車出してもらえていけそうな、、。音楽の場合、即興とかもやりたいからもうひとりベースやキーボード、ギター系の人が見つかったら完璧。あと一ヶ月、もうひとり見つかるか????

今回はあまりまだ、自分自身はあんまり動いてないけど、ステキな人たちと続々と引き合わせてくれる友達が何人か出来て、私は彼女達のことをエンジェルちゃん!とよんでいるよ。本当にありがたい話。

それだはまた! 市場に今から行ってきまーす。


ーーーーーーーーーーーーーー*
現在のMihoのコメント:

日本から旅立ってすぐに決まったフラットに入居出来たのはなんと、旅立つすこし前にひょんなことからMIHOのアート手ごねせっけんの常連さんのお客さまと世間話になった。
せっけんを早く手に入れたいその彼女、実は今ロンドンに住んでいるという。でも、あとからどんどん話してきて分かった事は、私がロンドンに住み始める予定の数週間後に日本に完全に帰国してしまうというではないか!、、、、と,言う事で運命的な出会いのもと、彼女のロンドンの部屋の引き継ぎは私になったのである。すごいよね、、こういう偶然って。とてもありがたかった。

もっとKURIの活動を知りたい方はこちらへ!http://www.studiokuri.com

LONDONでの生活

  • 2008.09.02 Tuesday
  • 23:23
去年のちょうど今ごろ(2007年9月1日)に15ヶ月間、音楽活動でLondonに滞在していた。
もう早くも1年経ってしまった。時がたつのは本当に早い!
これからは少しづつ写真入り!で記事載せたいものです。

さて、もう1年たってしまったロンドン生活ですが、面白珍道中記、これから少しづつ書き込んでいきたいと思います。ロンドン滞在中はめまぐるしく活動し続けていたので、そしてたくさんのハプニングの連続だったのでなかなか日記が続けて書けなかったからね!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    KURI(Miho) (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    田中 (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    負けズ犬 (03/05)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    負けズ犬 (12/15)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    MIHO (12/14)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    mimoe (12/12)
  • 遂にウルル(KURIの2人の飼っている犬)が赤ちゃん産みました!
    MIHO (10/15)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM