ロンドン生活&音楽日記 vol.3

  • 2008.09.29 Monday
  • 23:20
* この日記は2006年6月から2007年9月に帰国までの15ヶ月間、Mihoが、Londonを拠点に音楽活動していたときに書いたものです。vol.1からお読み下さいね!


【そしてアイルランドへ】

2006年6月10日【土】

朝の6時半にダブリンのバスセンターに到着!13時間のたびであった。
出迎えには私がアイルランドの父??と思っているTONYがこんなに朝早いのに迎えに来て待っていてくれた。
なんだかLONDONで大変だったから、TONYの顔みてじーーんときてしまった。

その日はゆっくりゆっくりお茶したり、TONYと友人のシボーンと過ごした。宿は私のイーリアンパイプ【アイルランドのバグパイプ】の師匠のお宅。ほっとして初めての熟睡。。

6月11日【日】

LONDONではお金もたったの1週間の滞在なのに準備でいろいろ使ってしまった。。とにかく何でも高い!サンドイッチで350から600円。(コンビニのようなもので)カンコーラごときで180円くらいするんだから。
あまりの値段の高さとダニでのショック?で、一日一食が続いていたから、なんかちょっとやせたかも?

ダブリンに来たからには少しお金も稼がないと、、。
ストリートミュージシャンとして音出したい。日本でギリギリまでライブやってたけどこっちに来てから音一つもだしてない。
なんか、ひとりでストリートで演奏するって勇気が居る、。。
今まではかっちゃんがいたからどんな状況の場所でも堂々と演奏できたけど、、結構ひとりって心細いのね。。
道に投げ銭入れようの帽子を出したけど、出したそばからみんなここで私が演奏するって知らないから帽子も蹴飛ばされそうになったり、人もぶつかりそうになったり、。早く音だそう。ドキドキ、、。

演奏が始まり、だんだん気持ちが開いていく。だんだん人の顔みれるように顔も上がっていって、、。

それでも、通りがかりの若い男の子達が冷かしに来たり、酔っ払った人が気分よくなってくれるのはいいけど、私の隣で笛吹いてるまねとかしてちゃかしてるし、、。でもだんだん、なんか周りのことなんでもよくなっちゃった。ひとり来もしよく吹いていると、ふと気がつくと、一人の男の人がじいーーっと私の演奏聴いていてくれていた。そして駆け寄ってくると、、。
『君のお金の足しにしてくれ、ありがとう!』といってかっこよく私の手に平に折りたたんだ紙切れを握って入れて去っていった。
すぐに手の中をのぞくと、、なんと 

50ユーロ!!札ではないかっ!】 7000円弱。


もうビックリして何もことばが出なくただ手を合わせてお辞儀をしてしまった。

このことがきっかけで、なんだかひとりでも自信が出てきた。というか、どんなところでも遠くても何でも、聴いてくれている人は聴いている。なんか彼のおかげで、この先やっていくためのなんか勇気みたいなものをもらった。そしてがんばれーって応援してもらっているような気がした。


ダブリンではこれをきっかけに毎日毎日滞在中、TONYやストリートで知り合ったドラマーたちと一緒にセッションしていた。音楽やっているといろんな人にであっていくからおもしろい。
結局ダブリンにで、滞在費がまかなえたのとユーロのお金がちょっとだけ増えて帰ってきた。良かった

トニートシヴォーン
ダブリンのMihoの父トニーと友人シヴォーン(ダブリンにある彼らのクリスタル&ヒーリングショップにて)

 6月17日【土】
今日もストリートで演奏したり友人と待ち合わせしたり、、。今日の夜にアイルランドを離れまたLONDONへ。
帰りのバスではTONYをはじめ、こちらに来てから知り合ったシボーン、パキスタン人のタブラやる青年オマー、MIHOKOの4人が見送りに来てくれた。みんな本当にやさしい。いつも日本でもどこでも見送りされるときはジーンとしてしまう。
そしていつも嬉しいのが行きよりも帰りのほうが知り合いが増えて温かく見送ってくれる。そのときにはもう旅の不安とかなくなってる。

6月18日【日】

今日からまたもとのフラットに戻る。本当に大家さんも努力してくれて、壁の穴までふさいでくれたしベッドも新品に換えてくれた。もう大丈夫!

6月19日【月】
なんと、、まだダニが!
2箇所だけだけど、たさされてしっまった。今日から一缶3000円もするダニキラー見たいスプレーを大家さんが買ってきてくれて、部屋中に撒き始める。モチロンもって来た荷物は一晩だけで、全て撤収、隣のこの部屋にすべて1日だけ引越し。またもや民族大移動が起こる。

6月20日【火】
スプレー撒いてもダメ、、また刺される。

ヨシ、今日から部屋探し!ずっと迷っていたけど。早速夕方から探し始める!
そして夜はもう、荷物も再度戻したのに、もうこのままでスプレー開始!もう自然療法だとかいってられない!最初のうちは、重曹やミントオイルで退治してたけど限りがある、、、って言うかもうひどすぎ!

とにかくだにを絶滅させなきゃ!そして発見!なんと、前からあった机のふたを開けたらそこにはたくさんのダニの卵とダニさんたちの死骸が!! 即、机は捨て!そしてさらにスプレーを撒き続ける!


6月21日【水】

新しいフラットもなかなか決まらない。
ところが、、、今日からダニさん絶滅??でてこない

6月22日【木】

 どうやら昨日を境にダニさんでなくなった様子。


そして、、それ以来、本当にダニさん、居なくなりました。。
長い道のり、、。結局また放浪生活??と思っていましたがまたここの家に住めそうです。よかったよかった!
部屋に関してはこの事件があって以来全てがばら色に見えてます。うるさい高速道路の脇の道ですが、。そんなこともへっちゃら。究極をダニさん、教えてくれたような気がします。



また日記は次回に続く!

*現在のMIHOのコメント
日本を出発してこのたった3週間の間は一番気持ち的にながーーい期間だった。たった3週間の間なのに何度もすべての荷物を広げては荷造りし移動し,隣の部屋の友人の所にお世話になったり、また戻り,,,なんだか1年くらい滞在しているような感覚になった。そしてこれがその後なにか今回の旅の決意!みたいのをするきっかけとなるから実は後日、面白い展開になった。
日本を離れるぎりぎりまでライブツアー続きでかなり充実していたので、たった2週間弱,音楽のない生活になになっただけなのに、なにか(ダニ事件をきっかけに)寂しい感じがしていたのを覚えている。

もっとKURIの活動を知りたい方はこちらへ! http://www.studiokuri.com
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    KURI(Miho) (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    田中 (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    負けズ犬 (03/05)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    負けズ犬 (12/15)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    MIHO (12/14)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    mimoe (12/12)
  • 遂にウルル(KURIの2人の飼っている犬)が赤ちゃん産みました!
    MIHO (10/15)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM