ロンドン生活&音楽日記vol.8

  • 2008.10.18 Saturday
  • 11:46
ロンドン生活&音楽日記 vol.8

* この日記は2006年6月から2007年9月に帰国までの15ヶ月間、Mihoが、Londonを拠点に音楽活動していたときに書いたものです。vol.1からお読み下さいね!

ーーーーーーーーーー*


秋のLondon,そして、7月の日記の続編!

2006年11月11日07:32
最近やっと日々の生活に、ゆとりが出てき、生活のリズムが整ってきた感じがする。何をするにも時間がかかるね。ふと気がつけば、もう秋じゃないですか!引越しもあったし、今年の夏、かなり動き回った後の余韻がやっとさめてきてこれから第2ステップに歩き出す!ってかんじ。引越しもまだ実は落ち着いてきてはいないのだけど、でも本当にいいところに今度は引っ越したと思う。かなり癖のある約15人の民族楽器のミュージシャン、レゲエのミュージシャン、、ベリーダンサー、ジャグラー、デザイナー、、平和運動家、詩人、、絵描き、などなどのアーティストとともに暮らしていることは書いたけど、本当、みんな面白い個性を持っている。人間の個性って大切。みんな違ってみんないい!だものね。このどでかいフラットの3階の部屋に、今は、いろんな事情で間借りしているわけだけどこの地域、Hampstead というところで、かつて、そして今もなお、いろんな芸術家やミュージシャンが住んでいるところ。ボーイジョージの家もすぐ近く。今までいたところはLeyton といって、あのテロ事件の犯人がいたのだかかいないとかいわれてるとこで、イスラム系の人がほとんど、そして後はアフリカ人。インド人いわゆる有色人種が多く住んでいる地域。バスでも途中で、降りるのやめよかな、、という治安悪そうなところもあった。そこはそこで異国の香りもするし、物価は安かったし大家さんはパキスタン人だからよくカレーも分けてもらったりしてたのしかった。今度のところは、やたらおしゃれで、いい店が列を連ねてるし、日本人の人もよく見る。London 住んでいても、住む場所でこんなに人種が違うのは面白い。どうも日本人少ない、、と思っていたら、こんないいところにいたのか!!その理由よくわかるかも。本当にいい町。近くには大きな公園もあってすごい気持ちいい。お金もそんなにない私が住めるのは本当に理由あってこそ!というかんじ。ありがたい。住む場所で、気持ちのゆとりも本当に違うものだなあーと思っちゃう。まあ、そんな金持ち区域といわれるところで、この間面白いことがあった。先日、ガイフォークスデイといわれる年に一度の寒空の下での花火大会があった。この週末はいろんな各所で、大花火大会が行われる、といっても日本の物とは比べ物にならないけどね。でこの前の日曜日、前の日に引き続き、またもやいろんなところで花火の音が、、、そしたらすごい音が””どーーーん!!””と外から。きっと近くの公園で野花火大会だと思って外をのぞくと、なんと、2件先の普通のフラットで、ガーデンパーティーをしている。結構にぎやかだったのだけれど、なんと音の出所はそこからだった。その音どんどん大きくなり、またもや窓を開けてきると、、、、なんと花火大会と買えあげているものとあんまり変わらないくらいの大きさの打ち上げ花火になっていた。すごすぎるよ。普通の家でさ、、。すごい爆音葉もちろんだけど、そこの庭で笑ってビール飲んでるあなた、怖くないの?てかんじ。私もこんなことはめったにない!と窓の外で見物。そしたら花火の燃えカスまで飛んでくる距離。それにしてもかなり長い時間しかも大きい花火を打ち上げている。。恐るべしHampsteadのお金持ち。

さて、最近のことはこのこの辺にしておいて、たまっている日記書かなきゃ!!

7月から日記進んでいないものね。いろんなことがありすぎて早く書いてしまおう。忘れてしまう!

【Buddhafield Festivalを終えて】


巨大なティピ(ネイティブインディアンの住居の事)がフェスティバル中出現


巨大なティピ内(ネイティブインディアンの住居のこと)でフェスティバル中生活を共にする友人達.彼らには本当に世話になった。大好きな友人達。ここはいつの時代?と思ってしまうほどしっくり場所にとけ込んでいる彼ら。シャーマニックトランスダンスというワークショップなどもやっている。
http://www.shamanic-trance-dance.co.uk/
Mihoも毎晩音楽を演奏しにこのティピに通った。(共にBuddhafield Festival2006 にて)

今回初めてのKURIを離れてのフェスティバル参加。でも何とかミュージシャンも見つかるものだ。前の日記にも書いたけど、平和のことを思いながら数々の歌を独自の言葉を使って歌うNilksnowのことは書いたけど、もう一人忘れてはいけないのが、わが兄弟、Gonen.急にイスラエル人の兄弟ができたという感じ。Gonenとはこの前のQuest2006という、ヒーリングや音楽などのワークショップやアマゾンからミュージシャンを読んでのコンサートなどがあるイベントで、出会った。(前の日記に書いてあるのでみてね)。彼はイスラエルから、夏の間だけ巡業に来ていて、自分の国で手作りした、ディジュリドゥーを中心に、イスラエル、インドなどから、いろんな小物やポンチョなんかを売ってフェスティバル巡りをしていた。
ほかにディジュリドゥーワークショップを開いたりしていて、そんな関係で、Questに参加した時から仲良くなって店を手伝うようになったり、その代わりに彼からデジュリドゥーを教わることになったりしていた。


店開きするGonen


彼のディジュのワークショップではまだ吹けない時、アシスタントしながらMihoも吹き方を覚えて行った。

Buddhafield Festivalでも、また偶然に出会うことになり、また店を手伝ったりしながら、一緒にライブにも出て演奏していこうということに話が進んでいった。日本を出るときに、ミュージシャンは自分を入れて3人!って決めていたんだけど、、3人目のミュージシャンは彼のことだったんだ!私の勘、ぴったり大当たり!この、Nilksnow, Gonen,Mihoの3人でライブに参加したりした。


それにしても国は違うけど、この彼とは兄弟のような感じ。この人、いつも””しょうゆ”と”わさび”持ち歩いてるよ。前世日本人だったのかね?(笑い)平和になることいつも願っている人。


この写真はワ−ルドミュージックフェスティバル WOMADにて

彼が言うにはイスラエルは本当にいいところ、まるでHeaven だって。Newsでは戦争のことばかり流れているけど、それだけではない。みんな豊かにそして普通の日々の営みがそこにもある。空は青空、フルーツはみずみずしく、最高の国。Newsのなかのイスラエルだけが本当ではないよ!といっていたのがとても印象に残っている。もちろんたくさんの戦争で人々もつかれきっていることも確かではあるが、それだけではない!ってよく言っていた。 今回はこの3人のスピリットがぴったりタイミングよく出会った感じがしている。この後何週間かして最終的にこの三人で簡単な記念のレコーディングを記録として残していくのだけれど、つけたグループの名前は、”Trinity"アイルランドのゲール語で”調和”。

Buddhafield ではかなり今につながるいい出会いをしている。Festival中本当にいろんな人に声を歩くたびにかけてもらった。ある日、目を真っ赤にしてフィールドに座っている女の子がいた。名前はTara,.。アイルランド出身で、フォトグラファーでもある彼女は朝、気功のワークショップを受けて自分のネガティブな気持ちが解放されたといって、前の日の私たちのライブの感想をいうために声をかけてくれた。”今声かけなきゃ、この出会いなくなるかもしれないからね。勇気を持って話しかけたのよ"って教えてくれたけど、このときをきっかけにBest friendになっていった。本当に今、私の姉妹のようにしてくれている。そして、マーシャルアーティスト、ダンサー、芸人でもあるKino.彼はフェスティバル中、オーガニックのジュースバーで働いていた。この後も何回かほかのフェスティバルで再開、、そして今の私の引越し先は、彼が今留守にしている部屋であるのだ。


    次回に続く、、。     

* KURIの活動をもっと知りたい方は
http://www.studiokuri.comへ!                   
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    KURI(Miho) (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    田中 (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    負けズ犬 (03/05)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    負けズ犬 (12/15)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    MIHO (12/14)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    mimoe (12/12)
  • 遂にウルル(KURIの2人の飼っている犬)が赤ちゃん産みました!
    MIHO (10/15)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM