ロンドン生活&音楽日記vol.7

  • 2008.10.16 Thursday
  • 17:48
ロンドン生活&音楽日記 vol.7

* この日記は2006年6月から2007年9月に帰国までの15ヶ月間、Mihoが、Londonを拠点に音楽活動していたときに書いたものです。vol.1からお読み下さいね!

ーーーーーーーーーー*

おひさしぶり!
2006年11月01日20:54
Londonからのとっても久しぶりの日記です。今日からいよいよ11月に入ってしまいました。なんだかんだと日記のほうは7月からストップしているものね。。今またすごいいろんな展開になってきていてこれから7月のフェスティバルの事がもうすごい過去のようなことになっっていて不思議。早く書かないと忘れちゃう!
取り合えず、私は相変わらず元気にやっています!9月までのフェスティバル ジプシー生活も終わり(日記にてこれから報告するね!)今は自分にとっての第二段階に来ている感じ。今までのことをざっと簡単に報告すると7月のはじめから、いよいよ音楽活動がはじまり、Buddhafield Festival という、最初、日本を出る前から出演が決まっていたたった一つのフェスティバル参加を頼りにしてたんだけど、そこからいろいろと広がる広がる、、、!今はその広がったネットワークで、先月10月13日の金曜日!にLonon のLondon Bridge のNight Club デビューしたよ。踊りじゃなくて、音楽でね、もちろん(笑い)出演なんと朝の3時半。。KURIの数曲をコンピューターワークやるミュージシャンと共同制作して、テクノバージョンにしたり、ダンスビートのKURIの曲とかできておもしろかった。。


The STNERGY PROJECT の会場内
これはライブ&ペインティングをやっている様子


Will&Mihoのステージ。夜、というか、、朝の3時半!





《レコーディング》
この後は、レコーディングをやる事になりそうだけど、笛だけじゃなくって、なぜか、バウロン奏者(アイルランドの片面太鼓)を探しているバンドがあって、私がバウロン演奏してレコーディングに参加する事になった。来週の水曜日に、、。おいおい、大丈夫か??ってかんじ。バウロンはかっちゃんの為の楽器だって思ってたけど、実は最初アイルランドに行ったときは私の楽器だったんだよね。今はかっちゃんがずっとやっているけど。なんかとってもいい機会かも。真剣に練習しよう!と思っています。日本に帰ったら、私も同じようにバウロンちゃんとたたけるようになっていったらおもしろいもの。バウロン二重奏とかかっちゃんとしてさ。 

《引越し》
後、ざっと言うと、先週から今までの住居を引っ越して新しいフラットに引越し??た。なぜ ”?” マークを書いているかというと、、、この話、ゆっくり書く必要があるのでまた。。今ちょっとしたホームレスになっている私。今いるところは15人とこちらのミュージシャンや、アーティスト、芸人、ダンサー、、、詩人、、などなどとの共同生活に参加させてもらえる事になった。。この話もおもしろいのでまたゆっくり書きます。本にしたらおもしろい珍道中話かも。。なかなかLondonにいても入り込めない隙間を今みてるかも。
ではでは、、、、7月の日記に戻ります。


【7月12日(水)】

いよいよ今回、こちらに来てからの初参加となるフェスティバル参加。実際のところまだ言ったことのないフェスティバルだし、ミュージシャンも私のみ。こっちでもしできたら一緒にやれそうなミュージシャンを探そうかな、、と思っていた。幸い渡英前に日本で尊敬してるアフリカのコラ(ハープ)を弾く」ミュージシャンでありながらエンジニアでもある
H.KさんにKURIのバッキングトラック(MIHOのパート抜きのKURIのカラオケよ!)を製作してもらっっていたので、安心!念のため自分以外に後2人、自分のバンドのメンバーとしてフリーチケット取っておいた。
こっちに来てから私はいったい誰と音楽一緒にやるのかなーと思いながら月日が経ち、、。
やっぱりこういう勘って当たるんだ!フェスティバル参加、約二週間前から新しく知り合った日本人の歌姫Nilksnowと出会い、一緒にフェスティバル参加する事にして、練習が始まった。彼女のおもしろいのは独自の作り出した言葉で、平和に対する気持ちを曲にして音楽活動を続けている。早速NilksnowにKURIの曲も手伝ってもらいながらも日本の曲も取り入れたり、即興あり、、、で構成を考えた。
そして、12日からフェスティバル参加となる。Buddhafield Festivalのすごいところは、ごみは完全に分別、リサイクル。トイレはすべて、ボランティアスタッフの手作り、掘っ立て小屋コンポストトイレで、ドアの隙間から外の景色がよく見えるうれしいような恥ずかしいような??トイレもあるけど、でもすごい。ライブもたくさんの巨大なソーラーパネルや人力自転車なんか使っての発電システムだし、とことん遊んでいる。それにお金もかけるところはかかっている。。ボランティアスタッフにはまかないが出て、それもかなりおいしいベジタリアンフード。こっちは、ミルク離れしている人がかなり今多いので、そして、小麦離れもしている人も多い。。必ずミルク以外に豆乳が紅茶用に置かれているし砂糖はもちろんブラウンシュガー。特にこのフェスティバルはほとんどがオーガニックものを使っているしすべてベジタリアンが食べれるご飯類。私たちはミュージシャンなのでまかないとそれからギャラを気持ちもらう事になるけど、ご飯がおいしいから本当に幸せ!まかないがおいしいって重要だなあ。。


会場の様子


色んなダンスのワークショップなどをやるテント


この場所、牧場にある土を利用して即席オーブンで天然酵母のパンを焼く。
パンを焼くたびに釜がヒビ割れしてしまうが作っている彼ら曰く、’’ヒビが入ればまたその上から粘土をなすり付ければ良いだけさ’’と、横に薄めた粘土の入っ手居るカップを見せてくれた。


さてさて、私のライブもいい感じにおわり持ってきたバッキングトラックもばっちり!ありがとうK氏!.持ってきたたくさんのCDも最後の日までに完売そして予約待ちしてもらえて、本当にうれしい!でもいちばんうれしかったのは、音楽を演奏させてもらったおかげで、歩いているといろんな人がいろんな風に声をかけてくれて、次の情報を運んできてくれる。。日本よりさらに口コミ情報が早い早い。。フェスティバル中もいろんな場所でそして新しく出会ったミュージシャン達とも一緒にステージできたり、いままでやりたいと思っていたいろんなジャンルの音楽とのコラボレーションがどんどん広がっていった。次のフェスティバル参加も決まり、口コミでいろんな出演や、訪ねていくと良いであろう人々、、などなどいろいろと紹介してもらえた。フェスティバルも後半中近東系の歌やメローディーを歌うシンガーに連れられ即興バンド名づけて”Sacred Sound Collective""というバンドを作り、あっという間にステージの上で、メンバーと初顔合わせとなる。そこでの即興のステージになぜかどこかで見た顔が、、、なんと6年まえにほかのフェスティバルで、一緒に競演したWillがいるではないか!彼も6年前はまだ20代の青年だった。このフェスティバルで偶然再会となったディジュリドゥー奏者のWillとこれから一緒に音楽活動していくことになるとはこのときはまだ知る事もなかったっ!そしてそのときに即席で結成されたこのバンドのメンバーになっていくことも、、、。


6年ぶりの偶然の再会はステージで。Will&Miho

Sacred Sound Corective のメンバー
このステージをきっかけにグループ結成となった
                                                      次号に続く!

*現在のMihoのコメント
 Buddhafield festival では演奏をきっかけに多くの、今もつながっている大切な友人達が出来た。野外フェスティバルを楽しむイギリス人達の気合いの入れようはすごい。家具や鉢植えクッションなどなど、、すべて持ち込んで自分の家とくつろぎの場をしっかり、おしゃれにつくってしまう。わざわざ家からは鉢植えの植物も持ってきて飾ったり(留守期間が長いせいもあるだろう)牧草にかわいい庭を作って、夜はキャンドルともしてナイトガーデン散策を楽しんだり。。

そっと自分のテントの脇に鉢植えを飾ってる

この手作りの庭には毎晩キャンドルが灯り本当に美しかった

とりあえず,紙コップ持ってきてブルーシートでまあいいか,,,,みたいな感覚はなく、みんな自分のテントを美しく飾ったり工夫して楽しんでいるのが素敵。絨毯やひつじの毛皮とかの敷物をわざわざリュックに入れて持ってくる人たち。
スタッフもかなりエンジョイしながら参加している。
クールで、大人なかんじは日本のフェスティバルでももっと見習いたい。


* もっとKURIの活動を知りたい方はこちら
  http://www.studiokuri.comへ!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    KURI(Miho) (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    田中 (03/06)
  • 特報!?最近のウルルの子供達(里子に出した8匹)は今!
    負けズ犬 (03/05)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    負けズ犬 (12/15)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    MIHO (12/14)
  • 8匹の赤ちゃんの行き先&その後のウルル
    mimoe (12/12)
  • 遂にウルル(KURIの2人の飼っている犬)が赤ちゃん産みました!
    MIHO (10/15)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM